銀行カードローンの審査について

銀行カードローンの審査について

銀行のカードローンは、一般的にはカードローンの審査の中でも厳しいと言われています。
通常、カードローンやキャッシングの審査はどこも同じような内容で審査をしています。なのに銀行のカードローンが厳しいというイメージがあるのは、やはり銀行カードローンは大きな金額を借りることができるからなんです。
大きな金額を借りれば審査は自ずと厳しくなりますよね。特に初めてのカードローンの契約時に最初から大きな金額を申請すると審査はより厳しくなりなかなか通過しづらくなってしまいます。
当サイトでは、銀行カードローンの審査について、また審査にスムーズに通過するためのポイントをご紹介します。
銀行カードローンはとにかく低金利で非常に人気があります。
時間に余裕があるのであれば、銀行カードローンの審査は一度受けてみてもいいと思います。

 

銀行カードローンの審査基準は?

銀行カードローンは、総量規制対象外なので年収の3分の1以上の金額でも借り入れすることが可能で、しかも自身に収入がない人でも条件によっては借りることが可能です。
基本的な条件は消費者金融などと同じではありますが、それぞれの基準が銀行と金融業では少し違ってきます。

・安定した収入があること
・他社に複数の借り入れがないこと
・返済が滞ったりしていないこと

これらのポイントは、カードローンやキャッシングの審査では基本的な部分ですが、例えば安定した収入があること、というのは消費者金融の場合は本人に収入があることが条件ですが、銀行の場合は配偶者に安定した収入があれば借りることができます。
また、他社の借り入れについても消費者金融の場合は年収の3分の1を超えると借りることはできませんが、銀行は返済能力があると判断されれば高額でも借り入れが可能です。
銀行カードローンで最も重要なのは、過去に返済が滞ったりしていないか、過去に遅延がないかどうか、などの事故歴です。
頻繁に返済が滞ったりしてしまうと審査に通過するのが難しくなってしまいますので気をつけましょう。

 

銀行カードローンの審査は受けてみないとわからないこともたくさんあります。
今お金を借りたいと思っている方は、一度は銀行カードローンの審査を受けて見ることをおすすめします。

 

銀行カードローンの審査日数


銀行カードローンは金利も低くて銀行からお金を借りられるので安心して契約ができることで人気です。
しかし、大きな欠点といえば審査に日数がかかってしまうところ。
消費者金融なら30分〜1時間程度で終わる審査も、銀行カードローンとなると3日〜1週間程度かかる場合もあり、急ぎでお金を借りたい人にとっては非常に不便で利用しづらいものです。

 

銀行カードローンは、審査に比較的長い時間がかかるのが通常です。
最近は消費者金融と同じくらいの時間で審査をしてくれるところもありますが、非常に少ないのが現状です。
だいたい早くて1日〜2日、長くて1週間程度かかるのが平均で、審査以外の手続きを含めても最低1週間〜10日くらいは余裕を見ておいた方がいいでしょう。

 

なぜ銀行カードローンの審査はこれほど時間がかかるのか?
実際は、審査そのものは1日あれば終わるのですが、それ以外の手続きやカードの発行、証明書の確認などに時間がかかります。
消費者金融の場合はカードを発行するだけで済むところが、銀行の場合は口座が必要だったり、手続きの書類を郵送する必要があったり。また、銀行は15時までだったり、土日祝は休みだったりするため、実際にお金を借りることができるまで、記載されている日数の倍はかかると思っていた方がいいかもしれません。

 

銀行カードローンは低金利で安心して借りられます。
しかしその分時間がかかります。
緊急でないのであれば、時間はかかりますが銀行カードローンの審査を受けて見てください。
状況によっては早く借りることができる場合もありますので、まずは審査を受けてみるのが良いと思います。