プロミスの審査の基準と審査内容まとめ

プロミス

プロミスでキャッシングをするには、他の消費者金融同様に審査に通過する必要があります。
消費者金融はすぐにお金を借りることができるのでとっても便利ですが、この審査が大きな壁ですね。
プロミスも例外ではありません。
すぐに借りたいのに審査に落ちたせいで今日中に借りられくなった!なんてことがないよう、当サイトではプロミスの審査基準や内容をまとめてみました。
これからプロミスでキャッシングを検討している方は、一度目を通してみてください。

 

 

プロミスの審査の難易度について

審査の難易度だけでいうと、プロミスは一般的です。
難易度、というのは「審査が甘い」ということではなく、年収に対する借り入れ可能な限度額であったり、必要な書類の量であったり、審査を受けるにあたって必要な条件が平均的である、という意味です。

 

審査の難易度のひとつの目安としては、融資限度額。
セブン銀行カードローンのように融資限度額が極端に低い場合、年収が少なくても借りやすい傾向にあります。逆に500万や800万と大きな金額を借りることができるところは、それなりにしっかりとした収入が必要な場合もありますし、必要な書類なども増えてきます。
といってもアルバイトやパートでも自身にしっかり安定した収入があれば、申し込みの条件はクリアしています。

 

借入限度額 必要条件
SMBCモビット 800万円 満20歳~69歳
アイフル 800万円 満20歳~69歳
アコム 800万円 満20歳~69歳
プロミス 500万円 満20歳~69歳
レイクALSA 500万円 満20歳~70歳
セブン銀行カードローン 50万 満20歳~満70歳未満

 

プロミスは、一般的な消費者金融と比較しても特別審査が厳しいわけでもないですし、主婦向けの銀行カードローンのように限度額が低いわけでもありません。
ごくごく、一般的な審査基準といっていいと思います。
一般的な、消費者金融の審査基準を満たしていれば、ほぼ審査は通過するといっていいでしょう。

 

プロミスの審査基準まとめ

プロミスは、一般艇な消費者金融の審査基準を満たしていれば、ほぼ審査に通過すると先ほどいいました。
では、「一般艇な審査基準」とはどういったものなのか?
ここでは詳しくまとめていきましょう。

 

プロミスの最低限の審査基準とは

  1. 満20歳以上、69歳以下であること
  2. 審査を受ける本人自身に安定した収入があること
  3. 他社での借り入れが年収の3分の1以下であること

プロミスでは、上記の条件を満たしていれば、ほとんどの場合審査に通過すると思います。
しかし、すべての場合が希望通りの限度額で借りられるとは限りません。
プロミスだけでなく、消費者金融には「総量規制」があり、年収の3分の1以上を超える金額を貸すことはできません。
そのため、他社の借入れがすでに年収の3分の1を超えている場合は審査落ちとなります。
また、それを超える限度額の借入を申請しても、低い限度額を提示されることもあります。

 

そしてもうひとつ重要なのは、必ず審査を受ける本人自身に収入があることが条件です。
アルバイトやパート、派遣社員でも問題ありません。
専業主婦や学生のように、配偶者や親権者にいくら大きな収入があっても自身に収入がない場合は審査に通過することはできません。

 

そして、最後に年齢です。
未成年と70歳以上はプロミスだけでなく、ほとんどのカードローンは契約することができません。
未成年と70歳以上の場合は、「返済能力がない」と判断されているためです。

 

このように、プロミスの審査で最も重要視されるのは、「返済能力があるかどうか」という部分になるのです。

 

プロミスの審査対策!

審査の内容がわかったところで、では早速審査を受けるための対策を立てていきましょう。
まず、上記で挙げた最低限の条件を満たしている必要があります。
他社で借りたことがない、または全て返済が終わっている方は、必要書類の不備さえなければ早速申し込みをして審査を受けてみましょう。

 

では、条件を満たしているかどうか不安だと思っている方。
これらの方の大半は、現在他社の借入があり、自分の借りている金額がプロミスの審査基準に達しているかどうかが不安なんだと思います。
審査対策は、そんな方のための対策なのでしっかり確認してください。

 

まずは自己診断

まずはプロミスの公式サイト「お借入シュミレーション」で自己診断してみましょう。
3項目の入力のみで、3秒で診断できます。

※診断結果は簡易的なものです。実際のお申込みでは、より詳細なお客さま情報に基づいてご審査いたしますので、ご希望に添えない場合があることをご了承ください。

 

複数社に申し込まない

プロミスで申し込みをしたら、他社には申し込みをしない方が無難です。
プロミスの審査を受け、落ちてから申し込むようにしましょう。
同時に何社もの審査を受けると、「申し込みブラック」と判断され、今後当分は申し込みができなくなってしまいますので気をつけましょう。

 

書類は不備なく揃える

申込みに必要な書類で、不備やミスが多いのが「住所変更」です。
申し込みには身分証として運転免許証を使用する人がほとんどだと思いますが、免許証に記載あされている住所が古いままだと申し込みの際に住民票などが必要になります。
免許証の住所が変わっている方は、前もって住所変更をしておくか、運転免許証がない場合に揃えなければいけない書類を一通り準備しておきましょう。

 

審査に必要な書類の詳細はこちら>>

 

プロミスの審査可能時間と平均時間

プロミスの審査は、銀行カードローンなどに比べるとかなりスピーディです。
プロミスの即日融資を可能にしているのは、審査がとっても早いからなんです。
では、実際にはどれくらいの時間がかかるのか?
また審査ができる時間はいつなのか?
細かくチェックしてみましょう。

 

審査可能時間

プロミスの審査可能時間は、土日祝日を含め9:00~21:00となります。
プロミスの営業時間に、22時や23時と書いてあることがありますが、これは自動契約機やATMの稼働時間であって審査可能時間ではありません。
審査に通過しないとキャッシングすることはできませんので、即日融資を希望する方は審査可能時間内に審査を受けるようにしましょう。

 

審査平均時間

プロミスの審査時間は、Webからの申込みで最短30分自動契約機での申込みで30分~40分程度。
とはいえ、こちらの時間は最短なので、審査内容や状況によっては長くなる可能性もあります。
審査時間は30分!と思い込まずに、余裕を持ってのぞみましょう。

 

審査に時間がかかる場合

審査に時間がかかる理由にはいくつかのパターンが想定されます。

  1. 提出書類に不備がある
  2. 混雑している
  3. 在籍確認が取れない

土日祝などで会社が開いていない時など在籍確認が取れない場合は時間がかかることがあります。
在籍確認が取れないと、取れる時まで契約を延期されるか、少ない限度額での融資となることがあります。
例外の対応を検討する時などはやはり時間がかかりますね。
在籍確認について詳しく知りたい方はこちら>>

 

それ以外にも、平日の夕方~夜などみんなが申込みをする時間帯などはどうしても混雑するので時間がかかることがあります。
また、2018年3月期のプロミスのデーターでは、5月と9月が1年の中でも特に申し込みが多い時期といわれています。
単純に混雑しているため審査が遅くなっていることも多々ありますので、回答が返ってくるまで待ちましょう。

 

審査時間と融資までの時間は違う?

審査時間とは、プロミス側が審査をスタートし、在籍確認をして最終的に契約が可能かどうか返答するまでの時間を指しています。
「スピード融資、審査最短30分」と書いてあるからといって、申込みをしてお金を借りるまでが30分ということではありません。

 

融資までの時間とは、プロミスの公式サイトまたは店舗から新規申込みを行って、最終キャッシングするまでの時間を指します。
この時間は申し込み方法やキャッシング方法によって異なります。

 

申込方法 契約方法 キャッシング方法 時間
Web 振込キャッシング 最短1時間~
Web 無人契約機 ATM 1時間~1時間半
Web 無人契約機 振込キャッシング 1時間~1時間半
無人契約機 ATM 1時間半~
Web 店舗 ATM 混み具合による
店舗 ATM 混み具合による

キャッシングするまでの最短の方法は、Web完結といわれています。
Web完結はPCやスマホから申し込みをして、審査回答はメール、キャッシングは振込キャッシングという、全て店舗に出向くことなく完結する方法です。
この方法なら出向く必要がないため最短ではありますが、振込キャッシングができる銀行も限られていますし、カードがないため銀行などの提携ATMからキャッシングできないというデメリットもあります。

振込時間 銀行
24時間振込 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、イオン銀行、楽天銀行等
平日9:00~14:50 みずほ銀行、オリックス銀行、じぶん銀行、セブン銀行等

 

実際、最短で一番融通が利くのは、申込はWebで行い、契約は自動契約機で行う方法です。
店舗に出向くことでカードを発行してもらえますので、すぐ隣のATMを利用してキャッシングすることができます。
提携ATMなら24時間いつでもキャッシング可能ですので安心。
カードが手元にあれば、コンビニATMも利用できるのでいつでも必要な時にキャッシングできて便利です。

 

ポイントは、申込みはWebから行っておくこと。
審査を行っている間に自動契約機に移動すれば、時間短縮にもつながりますね。
会社や外出先から先に申し込みをしておいて、仕事が終わった後に自動契約機へ行けばカード発行してもらえるので忙しい方でも安心です。
この方法が最も現実的でスピーディかなと思います。

 

プロミスの審査に必要な書類

プロミスの審査は、基本的には転免許証さえあればOKです!
免許証を持っていない方は、顔写真がついた身分証明書が必要です。

①本人確認書類・・・運転免許証・パスポート・健康保険証+住民票
②収入証明書・・・源泉徴収票・確定申告書・給与明細書(直近2ヶ月)

プロミスでは、50万円以下の場合は収入証明は不要です。
初回契約の場合は、おそらく50万円を超えることはないと思うので、基本的には不要です。

 

これだけで基本的にOKですが、在籍確認ができない可能性がある方は、念のため社員証や給与明細など準備しておきましょう。

 

審査結果が遅い時は?

Webから申し込みをした人で、審査結果がなかなかメールで届かない、電話がかかってこない、という方は、メールアドレスが間違っていたり、電話番号が間違っている可能性もあります。
そんな時は、プロミスコールに電話をして審査の状況を確認してみましょう。
特に今日中にキャッシングをしたいという方は、少しでもスピーディに対応してもらいたいですよね。
何かの手違いで次の審査に移行していない可能性もありますので、1時間以上審査結果が届かない場合は、面倒でも自分から電話で確認を入れるようにしましょう。

 

プロミスの審査に落ちた原因は?

以前、プロミスの審査に落ちてしまったことがある方は、なぜ審査に落ちたのか原因を追究したことはありますか?
プロミスの審査に落ちる場合、おそらくほとんどの消費者金融の審査でNGとなる可能性が高いと思います。
なぜ審査に落ちてしまったのか?原因はいくつかあります。

 

  • 他社借入金額が年収の3分の1を超えている
  • 在籍確認ができなかった
  • 過去にプロミスで債務整理をしたことがある
  • 申込みブラックや返済事故など、信用情報に問題がある

 

在籍確認ができない場合、審査に落ちることがあります。
ただし、審査に落ちる場合は、電話をしたのに本人の在籍が確認できなかったり、所属していなかったりと明らかに在籍情報がおかしい場合です。
単純に会社が休みだったり、電話に出なかったりするだけでは審査落ちとはなりません。
必ず確認がありますので、それ以外の問題といえるでしょう。

 

そして、その他の審査落ちの理由は、おそらく本人には心当たりのあることばかりではないかと思います。
特に他社の借入状況は、ギリギリどうだろう?と思っている方がほとんど。
審査落ちしたのであれば、借入金額が多すぎるのです。まずは現在の借金をある程度返済してから申込みしてみましょう。

 

その他、過去にプロミスと示談交渉をした経験がある方は契約することはできません。
債務整理を行った方も同様です。
返済の信用情報に問題がある場合は、一度自分で信用情報を取り寄せて確認してみてもいいと思います。

 

プロミス

プロミス

金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間