キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローン、どちらもATMからカードを使ってお金を借りることができます。

では、キャッシングとカードローンでは何が違うんでしょう?

 

キャッシングは小口の借り入れ一括払い

キャッシングは、クレジットカードでショッピング以外にも現金をATMから引き出せる機能というイメージが大きいと思います。
主に小口の融資が多く、返済は一括・分割などの支払い方法が多いです。

 

カードローンは小口から大口まで幅広く、リボルビング支払い

キャッシングと比較してカードローンはどちらかというと100万などの大口融資を毎月決まった金額で返済していくことが多いです。
キャッシングと比べて長期返済を前提にした金利設定になっているので、キャッシングに比べると金利が安めなのが特徴です。

 

キャッシングとカードローンはどちらも同じようにATMからお金を借りることができるのでどちらでもいいやと思いがちですが、利用したい金額と金利を検討したうえで、しっかりとした返済計画を立ててからの契約の方が後々後悔せずにすむと思います。

 

 

小額の借り入れはキャッシングで早めに返済が理想的

50万以下の借り入れの場合は、ほとんどの場合キャッシングで借りた方が金利が安く済むことが多いです。
キャッシングは基本的に翌月一括払いを想定していますので、借りられる金額も低めに設定されているんですね。
さらに、短期間での借り入れが前提なので、当然金利も高くなりがちです。

 

カードローンの方が金利は安く設定されていることが多いですが、カードローンのような高額の借り入れの場合、長い期間返済することになりますので、総額の利息はカードローンの方が多くなってしまいます。

 

キャッシングでお金を借りる際は、なるべく短期間で返済するのが一番です。
ただし、もしあなたが長期間の返済計画を立てているのであれば、小額でもキャッシングよりカードローンの方がいいかもしれません。

 

金利と借りたい金額、さらに完済までの期間を想定して、キャッシングを利用するか検討してください。

 

 

便利だけど・・・リボルビング払いの甘い罠

リボルビング払いとは、一括返済ではなく、毎月一定の金額を返済するシステムで、返済が厳しい時にはとても助かる返済方法です。
たとえばショッピングとキャッシングで使いすぎてしまい、予定していた返済額をオーバーしてしまった場合、一括返済を途中でリボ払いに変更することなども最近ではできるようになりました。
実際に私も使っていますが、これは返済の時にすごく便利で役に立つ機能なんで、つい乱用してしまいがちです。

 

でも、この便利な機能、実は大損してるんですよ!?

 

キャッシングよりもカードローンよりも、リボ払いは実はすごく利息がかかるんです。

 

たとえば、10万円をキャッシングで借りて1ヶ月後に一括返済する場合。
金利が18%とすると、100,000×18%÷12ヶ月で、金利は1,500円となります。

 

リボ払いは、通常のキャッシングより金利が安く設定されていることが多いため、今回は15%の金利でリボ払いとします。
10万円を毎月1万円ずつ10回で支払うとすると、
100,000×15%÷12ヶ月で1回目の金利は1,250円。
2回目は、1万円すでに返済しているので、残り9万円を同じように計算すると、2回目の金利は1,125円になります。
同様に3回目、4回目と返済するたびに金利は安くなっていきます。
そして、10回目で完済したときの金利のトータルは、6875円となります。

 

10万円を1ヶ月で返済するのと、10万円をリボ払いで10回で返済するのと、なんと5375円も損しているんです!
リボ払いの方が金利は安いのに、5000円以上も余分に支払っていることになるんですね。

 

この仕組みが、実はお金を貸す側の利益になっているんです。
利息・利子・金利というのは、とにかく長く借りれば借りるほど、貸したほうが得をする仕組みになっているんですね。

 

リボ払いは、キャッシングやカードローンをする上でとても便利な機能です。
私もこの機能があることで何度もピンチを助けられた経験があります。

 

ただ、できるだけ可能な限り返済計画を守り、利用額を制限しておいたほうが、最終的には損をせずに済むということに私は完済してから気がつきました。

 

金利の計算は面倒ですが、契約の内容と金利を前もってしっかり計算することで、キャッシングやカードローンとうまく付き合っていけるようになると思います。

 

 

キャッシング ランキングへ