キャッシング 在籍確認

キャッシングに在籍確認はある?

キャッシングで一番気になるのは、勤務先への在籍確認ですよね。

 

私は2社の消費者金融でキャッシングの契約をしましたが、1社は在籍確認があり、もう1社は在籍確認がありませんでした。

 

この違いはなんだったのか。

 

在籍確認は、「代替措置」がある

実は、1社には在籍確認をして欲しくない、という旨を伝えたところ、OKが出ました。(10年ほど前の話ですが)
その際、免許証以外に給与明細書と社員証を提出しました。

 

あと、契約する際の金額が、20万円から10万円までに引き下げられました。

 

次の日会社で確認してみましたが、電話された形跡はなく、私宛に電話があったいう伝達もありませんでした。

 

実は、在籍確認をどうしてもして欲しくない場合、状況によってはOKしてもらえる場合もあるようです。
審査には時間がかかってしまいますが、もしどうしてもやむおえない理由がある場合は伝えてみてもいいかもしれません。

 

在籍確認はどのように行われるの?

在籍確認は、金融業者の名前を名乗って電話をかけてくるわけではありませんので、「消費者金融の○○から電話がかかってきてますよ」なんていわれることはありません。

 

どのように在籍確認をとるのか、以下にまとめて見ました。

 

個人名で電話してくる

「○○と申しますが・・・」と、個人名で電話がかかってきます。
その時は私は当然不在なので、本日は休みです、と伝えてもらいましたが問題ありませんでした。
「休みです」「席をはずしています」でも問題ありません。
在籍していることさえわかれば終了です。

「携帯にかけてみます」と言って電話を終了してくれる

会社の窓口は、「折り返させます」などの返答をする場合がほとんどですよね。
そうならないために、「携帯にかけてみます」と言ってくれます。
また、それ以外にも「また改めてかけなおしますので結構です」などと、折り返さなくてもいいような対応をしてくれます。

携帯電話の番号からかけてくれる

電話番号がわからないように、番号を非通知でかけてきたり、または普通の携帯電話からかかってくることもあるようです。
電話番号を調べられても、消費者金融だとわからないように工夫してくれています。

 

このように、在籍確認でどこの消費者金融か、などの情報が漏れることはありません。

 

ただ、普段電話がかかってこないような事業所にいる人にとって、個人名で電話がかかってくるというのは勘がいい人なら気づきますよね。

 

そういった場合も、窓口で相談してみると代替措置で在籍確認ナシで審査してくれることもあるようです。

 

わからない、とはいえ、個人名で電話がかかってくるというのは意外と気づく人は気づくもの。

 

ただ、普通のローンや銀行のクレジットカードなどを作った場合でも在籍確認は行われますので、さほど神経質にならなくてもいいかなとは思いますよ。

 

「在籍確認ができませんでした」は審査通過と同じ

まれに、「在籍の確認がとれませんでした」となることがあります。
電話口で、「個人情報なのでお答えできません」といわれてしまったり、そもそも会社の電話に誰もでない、など。
在籍確認ができないと、キャッシングの契約は行えません。

 

ただ、落胆する必要はありません。

 

在籍確認というのは、すべての審査が通過して最後の段階で行われるものです。

 

貸せないのに電話だけされても困りますよね?

 

なので、審査自体は通過しているので、きちんと在籍確認が取れる時間帯を伝えて、在籍中であることが確認できれば、キャッシングの契約は終了ということです。

 

日にちをかえたり時間帯を変えたりして、もう一度確認してもらえば、契約は完了です。

 

キャッシング ランキングへ