キャッシング おすすめ

キャッシング 審査時間について

キャッシングの審査で気になるのは時間。
お金が必要な時は、できるだけ当日または翌日にはお金を借りたいですよね。

 

最近のキャッシングは、契約する際にかかる審査時間は30分〜1時間前後が一般的です。
特に消費者金融は30分で回答してもらえるところが多いですね。

 

銀行は時間がかかるイメージがありますが、最近では銀行も手続きが早いです。
特に銀行で審査が早いといわれているのが、セブン銀行カードローン。
審査時間は最短10分と、消費者金融と比べても格段に早いです。

 

審査時間が早くなっている理由は、やはり「即日融資」を求める利用者のニーズにこたえるためでしょう。
特に小額の融資を必要としている場合は、利息よりもスピードを求める傾向にあります。
できるだけ早く借りて、すぐに返したい。
そのような利用者が増えて来たため、審査時間も早くなってきているのでしょうね。

 

キャッシングの審査時間が早い人、遅い人の違い

キャッシングの審査時間が短い人は、審査結果に問題がない場合です。

  • 現在他社の借り入れがない
  • 一度も返済が遅れたことがなく、完済している

このような状態の方は、恐らく「最短」の審査時間で審査に通過すると思います。

 

次に審査時間が短い人は、絶対に借りられない場合です。

  • 複数社で借り入れがある
  • 現在借り入れがあり、返済が滞っている

このような状態の場合は審査に通らない可能性が高いので、すぐに返答があります。

 

では、時間がかかる場合とはどういう場合でしょうか。

  • 現在借り入れがあり、きちんと返済中である
  • 過去に返済に問題があったことがある
  • 過去に一度も銀行のローンや信販ローンなどの借り入れ履歴がない
  • 主婦やアルバイトなど、収入が低い場合
  • 借りたい金額が高額の場合

このような場合は、審査に時間がかかります。
今まで借りたことがある、または現在返済中の場合は審査に時間がかかり、借りることができない場合もあると思います。
ただ、審査に時間がかかった末、借りられなかった場合は、他のキャッシングでは借りられる可能性もありますので、他社にあたってみてはいかがでしょうか。

 

意外!?審査時間が長くなるケース「借りたことがない」

意外かもしれませんが、実は審査にすごく時間がかかるのが、「一度も借りたことがない」という場合です。

 

審査をする時によく耳にする「信用情報」。
これは、今までにローンを組んだりお金を借りたりした情報のことを指します。
「信用情報がクリーンな状態」というのは、返済がきちんとなされているという利用履歴のことを言います。

 

今まで一度もお金を借りたりローンを組んだことがない人は、この信用情報が真っ白な状態。
何の実績もない状態、ということになります。

 

これは、実は審査の際、一番悩ませられる状態なのです。
「信用情報がない」という状態は、実は「債務整理を行った状態」でもこのような状態になります。
全く情報が出てこない、つまり「信用情報がない」ということになり、審査に長時間かかってしまうケースが多いです。

 

もし、今まで一度もお金を借りたことがない方は、審査の時間が通常より長くなるであろうということを想定しておいたほうがいいかもしれませんね。

 

キャッシング ランキングへ