キャッシング おすすめ

キャッシングとカードローンの違いとは

急にお金が必要になる時、キャッシングやカードローンが便利ですよね。
キャッシングとカードローン、よく聞く言葉ですが、何が違うのでしょうか?

 

キャッシングとカードローンの違いは返済方法

簡単にいうと、キャッシングは一括払いの返済で、カードローンは分割払いの返済が一般的です。

 

使用方法はどちらも同じで、ATMや窓口などでお金を借りることができ、決められた返済日に利息と元金を合わせて返済します。

 

キャッシングの場合は、この返済日に前月に借りた金額を一括で、カードローンの場合は決められた金額を支払うことになります。

 

キャッシングとカードローンのメリット・デメリット

キャッシングとカードローンはどちらも一定の金額を借りることができますが返済方法が違います。
それだけ聞くと、どちらも同じように見えますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

キャッシング

メリット
  • 借りた金額を翌月すべて返済するため、返済が1ヶ月で済む。
  • 利息の計算がしやすい
  • 手軽に利用できる
デメリット
  • 一括返済なので、1回の返済金額が大きい
  • 借りられる限度額が低い

 

カードローン

メリット
  • 返済計画を立てて毎月返済するため、1回の返済金額が少ない
  • 借りられる金額が大きい
デメリット
  • 長期の返済になるため利息が多くかかる
  • 綿密な長期返済計画を立てなければならない

 

キャッシングとカードローン、賢く使い分ける方法

まとめ

キャッシング

一括で返済できる金額を借りたいのなら、利息が抑えられるのでキャッシングが便利。

カードローン

1回での返済が難しいような金額を借りたいのなら、分割払いのカードローンが便利。

 

キャッシングとカードローンのメリットとデメリットを見ていただくとわかるように、それぞれ大きな特徴があります。
つまり、キャッシングとカードローンは、「返済計画」によって使い分けるべきであるということです。

 

すぐに返せる金額を借りたいのであればキャッシング、何かの資金のような高額を借りたいのであればカードローンを利用するのが賢い方法ということですね。

 

キャッシング ランキングへ